ヒアロディープパッチ 【副作用】痛い・かゆみなどについて

マイクロニードルが痛い?かゆみなど副作用は?

ヒアロディープパッチでは、中心部分にヒアルロン酸で出来たマイクロニードルが並んでいる構造をしています。そしてそれを直接肌に刺し込んで浸透させるものなので、刺し込む際に痛みが発生したり、使っていく上でかゆみを感じるといった副作用が現れることがあります。
また体質との相性でアレルギー反応が出る可能性があるため、全成分があらかじめ公開されています。それを持った上で安全かどうかを医師と相談しながら使うと良いでしょう。

会社の北の快適工房による大規模モニターでクリア

ヒアロディープパッチを製造している北の快適工房という会社は、モニター調査を何回も繰り返した上で実感を得られたものだけを世に出すというスタンスを取っています。そしてヒアロディープパッチでは第三者機関によるパッチテストを行い、安全が確認されたものが市販されます。そのため品質に問題があってトラブルに発展することはまずないと考えて良いでしょう。もしトラブルがあるとすれば、針を刺すという構造そのものが合わなかった場合です。

一切デメリットって無いの?価格面や効果

ヒアロディープパッチは実際に使用した人のリピート率96.8%と非常に高い数値を誇るため、誰が使用しても効果が出る可能性があります。そして実際に目の下のたるみが若干改善したという人はいます。
ただデメリットとして価格が高いという点があり、継続が難しいという人がいるのも事実です。しかし逆にコストパフォーマンスが高いと感じる人もいます。したがって週に1回の使用で1枚が550円程度が目安の、月に約2200円をどう思うかの個人差です。

どこで売ってる?販売店を知りたい場合は…

ヒアロディープパッチは市販なしなので、身近なドラッグストアや薬局からでは入手することはできません。ではどこで売ってるのかというと、インターネットの通販です。公式サイトを始めとして、大手にも出店しているため、慣れている人であれば簡単に手に入れられるでしょう。販売店を知りたい場合は、ヒアロディープパッチと検索すればすぐに一覧が表示されるはずです。また価格が細かく異なるので、安全かつ安く購入できるところを探すと良いでしょう。

使い方で注意したいところ【剥がれるリスク・貼るのは涙袋周辺】

基本の使い方はスキンケアを済ませた上で、目の下すぐの涙袋部分や口周りに貼り付けるというシンプルなものです。テープタイプなので剥がれるリスクが伴うため、表情を作っていない状態で貼るようにしましょう。また油分が多いケアアイテムは、後回しにするという手もあります。そして貼り付けた後に剥がす行為は、針が上手く刺さらなくなってしまうためNGです。一度きりということを把握した上で、慎重に場所を決定しましょう。